所長の独り言... 
とあるジャズベーシストの独白・・・
資料を出してみた
DCc0NlVVYAAq1_7.jpg


フルバン編曲のアイデアに詰まり、久しぶりに引っ張り出してみた。
フルバンと言ってもポップスもの(歌伴)なので、あまり役に立たない。
本来「リズム隊+歌(orメロディ楽器)」だけで成立してしまうようなジャンルの音楽に、どれだけ仕事を過不足なく用意する事が出来るか。
重要なのは、管楽器セクションが主役な訳でも、それを聴かせる訳でもない、という事。 「沢山いて、ゴージャス☆」というのと、「でも、出しゃばった感とか、原曲に対して余計な事しちゃったかな感とか、全然しないね☆」というのを両立させつつ、プレイヤーにもそれなりにやり甲斐を持たせる。

むしろ、目指すべきは古い◯ュージックエイトみたいな、ワンホーンカルテットでも、9ピースでも、フルバンでも
]
スポンサーサイト

     

 



TRINITY ファーストアルバム

「Fanatical Stories」 発売中!