所長の独り言... 
とあるジャズベーシストの独白・・・
呪文に惑わされない事
 バウンス(レンダリング)、ノーマライズ、ルーティング、コンソール、フューダー、PAN、ミュート、ソロ、BUS、AUX、db、オートメーション、パライコ、グライコ、パラグラフィック、フレック、Q、ゲイン、ハイシェルフ、ローシェルフ、ハイパス、ローパス、ベルカーブ・・・・呪文のようだ。
 
 いわゆるジャズ・ポピュラー理論と呼ばれる技法とその用語(ワケの分からないカタカナ語)が輸入され、だんだんそれがデフォルト・必須になっていき「それ無しじゃやってけない」的な流れになった時、それまで楽典と耳コピと経験則でやってきた日本のミュージシャン達はどういう気分だったのだろうか。
 僕の場合は、始めた時点で、既に「いわゆるジャズ・ポピュラー理論」というのが絶対的なくらい普及していたので、「最初からそういうもんだ」と割りきって勉強した。(むしろ、その後に、ビバップやスイング、それ以前の初期ジャズ、黎明期のジャズ、ジャズになる前のルーツ音楽まで回帰した)
 現代、これからジャズを学ぶ人達は大変だ。いわゆるジャズ・ポピュラー理論だけでなく、それ以前の古典的音楽理論やブルースその他の様々な様式や手法を学ばなければならない。同時に、少し前ならミュージシャンには全く関係ないエンジニアの領分だったような技術・用語知識も学ばなけりゃならない。

 でも、そう思ってるのは前の時代を知ってる一定の年齢以上だけで、案外今の(そしてこれからの)若い世代は、「だって、最初っからそーいうもんじゃね?w ラクショーっしょ☆」とか思ってるのかも知れない。 「昔は」とか「我々の時代は」とか、そういうしょーもない泣き言並べても仕方ない。
 例えば。コーダルな音楽(機能和声に基づく音楽)を、物凄くザックリと一言で言い表すならば、「Tに始まり(途中なんやかやで)Tで終わるスタイル」となる。
 Tから4度上(5度下)のS
 4度上がって(5度下がって)Tに至るD
 これをまとめて T→S ・D→T という、基本形が出来る。
 ・・・とか。
 機能和声とか、教会旋法とか、グレゴリオ聖歌とか、12音システム(ピタゴラス音律)とか、テトラコルドとか、それぞれ一時ムキになって色々と調べた時期があるが。そのおかげで、ザックリと、概要というか骨子というか、「要は」みたいな事について把握・俯瞰する事が出来るようになった。

 DTM、ミキシングについても。 一刻も早く、概要というか根幹的な部分というか、「要は」な部分についてザックリ把握しておきたい。 それさえ出来れば、後は、実践(実戦)を重ね、一つ一つ個別に取り組み、時々深く掘り下げてったり、アレとコレとを結びつけたり(応用したり改造したり)出来る。
 現時点では、まだまだ、ハウツーに従って、その通りの手順・やり方で、進めてくしかない。というか、それがやっと。
 それでも、ようやく、そもそも何をしなくてはならないか、最初に何から手をつける(始める)べきか、駒の動かし方と基本的な手筋・手順(定跡)みたいなものが見えてきた。

 居飛車、振り飛車、矢倉、穴熊、棒銀、、、あれ?全然出てこないw
 もともとヘボ将棋な上に、もう何年もやってないので、サッパリ覚えてないが。
 こうした膨大な専門用語に振り回されるより、まずは実際に打ってみて、その絵面とか、流れとか、体感とか、そういうもので覚えてしまった方が良い。
 まずは手を出して、ひたすら反復して、叩きこんで、便宜上呼称が必要になったり整理したくなった時、はじめて用語を覚えれば良い。 一覧(用語集)は、まとまって分かりやすいようでいて、むしろ余計混乱したりしてしまう。
 → 将棋の戦法一覧 こんなもの、丸暗記する(所からはじめる)意味がない。
手を出す前に、或いは手を出し始めた段階で膨大な用語とか説とか周辺の雑学に惑わされると、そもそもそれが将棋というゲームである事や、「相手の王(玉)を取る(=詰みにする)」というそれだけのシンプルなゲームであるという事、すら見えなくなる。 何か、とてつもない、奥深い、手を出せないものになる。

 僕は、偉大なジャズの巨人達について一応リスペクトしているが、それは子供の頃に(あの16連射の)高橋名人に抱いたものと基本的に変わらない。ただ、16連射みたいな早撃ちが出来るとは思わなかったが、「別のやり方をしてやる」とは思っていた。 大事なのは早撃ちでなくて、ゲームをプレイする事だ。
 取り組む事、取り扱う事、対処する事に対し、あまり過度に重々しく考えてはいけない。 「そんな、畏れ多くて、、、」「自分にはとてもとても、、、」みたいな事を考えてたら、持ち上げ過ぎたら、自分から遠く離れた問題になってしまい、何も出来なくなる。何も分からなくなる。 畏敬の念は不要。
 
 まずは、徹底的に簡単に。ライトに。チープ化(矮小化・手軽化)する事。
 無闇に、わざわざ自分から難しくするのは禁物。
 ワケのわからない怪しげな呪文なんぞ、唱えようとしちゃいけない。 冷静に、客観的に、大雑把に、大体の流れで、やってみた感じで、掴むべし。

 まずは、 「まな板の上」に「素材」並べて、バラバラに解体し、下処理したり、切り刻んだり漬け込んだりして、料理していくのだ。
その、様々な素材を、同じまな板に載せるための第一歩が、MIDIデータのオーディオ化。 バウンス。レンダリング。
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

     

 



TRINITY ファーストアルバム

「Fanatical Stories」 発売中!