所長の独り言... 
とあるジャズベーシストの独白・・・
長かった。。。けど、終わった。。。
3/20

この数年間。
真っ暗闇の中、終点の見えない耐久レースをやっていた。
まあ、ひと言でまとめてしまえば「2025年問題」というヤツにひと足早く直面していた、という話なのだけど。
基本的に好転する事はない。なんとか維持して進行を食い止めるしかないのだが、次第に深刻になっていき、心身の負担がキツくなる。
とりわけ昨年以来(今年に入ってからは特に)、音楽活動はほぼ停止状態。 気軽に出かける事すら出来なくなった。アタマは働かず、創作意欲も湧かず、何をする気力も湧かず。出来る事と言えば、せいぜい機械的な基礎練のみ。。。
それが、トートツに終わった。
今日、無事に施設に送り届けた。
なんというか、放心状態。

しかし、ボンヤリしてられない。色々と壊滅状態だ。また、耐久レースから解放されたは良いが、その分カネもかかる。
荒れ果てた生活を再建しなければならない。
数年間も稼働停止を余儀なくされていた音楽活動を再稼働しなければならない。
心身を復旧していかなければならない。
しかし、真っ暗闇の中、まるで光明の見えない中でドロ沼に足をとられていた状態とはだいぶ違う。
ボチボチ、やっていこう。
「標準」ゲット
「標準」バイエルその他教本を、108円でゲット。

読み終わった古本を処分しにブックオフに行ったら並んでたもので、ついつい。(^^;

有難いけど、有り難みがない。。。w

20171218.jpg

けども。

中古で買ったヤツの方が、適度に使い古されていて(開き癖がついていて)、使いやすいw

20171218b.jpg

色々とあるらしい
ペトルッチ楽譜ライブラリーで拾って使っていたバイエル
20171216.jpg

http://imslp.org/wiki/Vorschule_im_Klavierspiel%2C_Op.101_(Beyer%2C_Ferdinand)
が、ペータース社という1800年創業の、中部ドイツの商業都市ライプチッヒに本拠を置く楽譜出版社によるものらしい事。
それが安価な普及版を出版することで続々とレパートリーをひろげ、楽譜界の世界制覇をめざしていた出版社であるらしい事。(ドイツ語・フランス語・英語と、3ヶ国語で書かれているのはそのため?)

日本に最初にバイエルが伝わったのはアメリカのニューイングランド音楽院経由のアメリカ版(ボストンのカール・ブリューファー社)によるものだったが、明治時代半ばに日本人音楽家がドイツに音楽留学した時代に、ドイツ式(つまり安価な普及版である所のペータース版)バイエルが伝わり主流となり、明治23年には日本版バイエルが出版され大正時代まで30年以上も使われた、らしい事。

昭和初期、1931年(昭和6年)に創業した全音楽譜出版社は、戦後まもなく創業した音楽之友社と並ぶ、日本の楽譜出版社業界のリーディングカンパニー。
その全音版だけでもいくつか種類がある。
「標準バイエル」というのが、「日本で古くから最も多くの人に使われているもの」であるらしい事。
「全訳バイエル」というのが、『標準バイエル』は解説を省略したり文章を変更したりしている箇所があるのに対して、原書に忠実に翻訳したもの。日・英・独の3カ国語を掲載。
「指使いつきバイエル」というのが、「全訳バイエル」とほぼ同じ内容ながら、「全ての音に指番号をつけてあるもの、らしい事。
そして、今回入手した「最新バイエル」というのが原書のバイエルとは大きく異なる形が(現代のレッスンに合った内容になるように)改変されたものだ、らしい事。たとえば、曲順の入れ替え、調の配列の検討、指練習の挿入、併用曲の挿入など、より楽しく、かつ効果が上がるように変更(再編)されたもの。

音楽之友社版の標準バイエルは、比較的原典に忠実なのだそうで、日本版とスラーの位置が違っていたり、するらしい事。

ヘンレというのは第二次世界大戦後のドイツで、アメリカ軍事政府の許可を受けて創業された、楽譜の実用的原典版に特化した出版社。 なんでも運指とか書いてなかったり、ペータース版とスラーの位置が違っていたりする、らしい事。

その他、様々な出版社から、様々な版のバイエルが出版されている、らしい事。

「らしい事」としか言えない。
ペータース版と全音の最新バイエル、それと図書館で借りて私用目的でスキャンしたものしか手元にないので、検証しようがない。
順番に様々な版のバイエルを練習していって(それは同時に何度もバイエルを反復する事となるだろう)、自ら検証したり比較したりして確かめていくしかない。

・・・それにしても、ペータース版と最新バイエル、印象が全然違う。イントロダクションの練習とか、練習曲の掲載順とかが違っているせいか。
ピアノ教本を買う
ピアノの譜面(パート)を書く者が、必ずしもピアノを弾けるとは限らない。

それを言い始めたら。
ドラム(セット)を叩けない癖に。
ラッパもボントロもホルンもフルートもクラリネットもサックスもぜんぜん吹けない癖に。
ギターとか、時にはバイオリンとかビオラとかチェロとかも(コントラバスもw)、サッパリ弾けない癖に。
さらに稀にバンドネオンやらアコーディオンやら鍵ハーやらハープやら。
良し悪しとかセンス云々の前に、鳴らし方すら分かっちゃいない、癖に、さも心得ているかの如く、それっぽい感じに仕立てあげる事を、仕事にしてる訳で。
何をいまさら、と開き直って、やるしかない。

と言っても。
流石にやりもしないものを、見よう見まねで知ったかぶった譜面を書く事を続けてると。
その先に、そんな譜面を一生懸命練習してる人々・子供達の労力や時間が費やされてる状況が見え隠れするのを感じてしまうと。
それでも、譜面を、アレンジを信じて、苦労して練習したり指導したりしてる画を想像してしまうと。
こう、良心の呵責というか、「それで良いの? ねえ?」的な、もう一人の自分の冷たい視線が、気になって仕方がない。
特に、自分がプレイヤーとして参加しない、現場に顔を出さない、系の譜面を書くのは、結構、精神的にしんどい。重い。病む。
毎度のようにトラウマ(心理的外傷)を負う。時々、耐えきれなくなり、ア"ー!ってなる。

耐えきれなくなった時。そのままでいられなくなった時。
「もう無理」と諦めて足を洗って撤退後退するべきか。奮起してもう一歩二歩、ずずいと足を踏み込んで、或いは少し経路や角度を変えてでも、前に進むべきか。
なかなか判断の難しい所。
後退と前進、諦めと奮起を繰り返し、今に至る。

昼間、電話で打ち合わせをした。
「ここら辺で、ピアノを効果的に入れて貰いたいんだけど、、、」
「了解です」
電話を切って、しばらくしてから、気づく。
「効果的なピアノ」って、一体、どんな感じだろう?(汗)
けして安請け合いとか生返事したつもりはないのだけど、、、言ってしまった以上、どうにかするしかない。
・・・とりあえず、僕自身とクライアントさん、あと出来ればピアノ奏者が、効果的だと思えるようなものを目指す、という以外に思いつかない。
無い袖は振れない。
知らない事・出来ない事はやれないせよ、知ってる事・出来る事をするのは出来る。
「出来るか出来ないか」ではなく、「やれるかやれないか」で考えた時。 今回は、たぶん前に進むべき時だ。
そのためには、一歩でも二歩でもピアノ学習を、常識や様式の勉強を、進めるしかない。

・・・あ。

ここん所、全然鍵盤の練習してなかった。。。
orz
こんなんじゃ、いかんなぁ。

そんな自分に奮起を促すべく。
趣味(ピアノ弾けたいな☆)と実益(譜面を書く仕事の参考資料として必要!)を兼ねて。
教本を数冊、まとめて購入。

20171214.jpg


やはり、図書館とか、ネット上のパブリックドメインな原書PDFデータとかと、(出費した分)手応えが違う。


ピアノの譜面(パート)を書く者が、必ずしもピアノを弾けるとは限らない。。。
知ったかぶる、というのも、それはそれで中々タイヘンなのである。。。

2017年9月の予定
2017年9月
ライブハウス(セッション・ライブ等)の予定

◇9/8(金)  ジャムセッション@関内ファーラウト
 友金まゆみ(p) 府川晃一郎(b)
 19:30 〜 ¥1800
 http://www.jazz-farout.jp/
 神奈川県横浜市中区福富町西通51-2 TSビル2F
 045-261-5635 
 みんなでJAZZしよう! 都合の良い方は気軽にお越し下さい☆
 
◇9/12(火)ジャム・セッション@関内ABスマイル
 矢藤健一郎(d) 杉山美樹(p) 府川晃一郎(b)
 19:30~ ¥2000
 http://absmile.jimdo.com/
 横浜市中区太田町1-11-3 グリーンビル4F
 ☎045-664-6162
 毎月第2火曜定例のジャムセッションです!
 楽器もヴォーカルも見物も、全部お待ちしております!
 気軽にご参加下さい☆
 
◇9月27日(水) 新宿ポルカドッツ
 益子麻奈(Vo). 吉田直樹(P).府川晃一郎(B)
 19:30~ ¥2500
http://www.jazz-polkadots.com/
東京都新宿区新宿3-8-2 クロスビル4F
☎03-3356-7016
初めてのお店、初めてのメンバーで演奏させて頂きます。
 
今月もどうぞ宜しくお願いします。m(__)m



イベントのお知らせ

10月14日(土)夜のピクニックJAZZ
 場所 ラスカ茅ヶ崎 屋上バーベキューテラス サニーテラス
 開演18:00~
 前売り券2000円 (9/15より予約開始)
  ☎050-5812-0808 (受付時間10時~18時)

第2部に渡辺てつさんのグループで出演させて頂きます。
 渡辺てつ(sax) 佐津間純(gt) 府川晃一郎(b) with 高村緑(vo)
都合の良い方は是非☆
 http://sunny.bbqbin.com/


20171014.jpg




その他

◇レッスン
随時レッスン生徒大募集中です。
ジャズ・ベースを始めてみたい方、独学でやってきたけど習ってみたい方など、気軽にご連絡下さい。

 http://www.geocities.jp/bassere2/uketuke/lesson2.html

◇その他、演奏・作編曲・譜面書きなど、何か依頼したい方はコチラ→メール・フォーム

m(__)m

     

 



TRINITY ファーストアルバム

「Fanatical Stories」 発売中!