所長の独り言... 
とあるジャズベーシストの独白・・・
流されず、前進してこう
 寝ぼけ眼の午前はアクビしながら動画やテレビを見ながらのベースや鍵盤の指練。
しっかり覚醒する午後は教則本や曲集など、オタマジャクシやコードを見ながら(頭を使いながら)ベースや鍵盤を弾く練習。
夕方以降は譜面を書いたり音源作ったりするPC作業。
今日は中々良いペースで過ごせた。

 一日10時間。
 これが「無理なく毎日仕事が出来る上限のペース」だな。
 出かける日の場合は、入りから撤収までの拘束時間+移動所要時間。
 ウッベの場合は隙間なくみっちり弾きこむ自主トレ計算で3時間が限度。
 それ以上、頑張ってしまうと心身にダメージが残り、翌日に響く。 
 あんまりストイックなタイプじゃないもんで。
 動画やテレビを見ながら、等の「ながら」ではない、ちゃんと集中して取り組む作業は、5〜6時間が限界。
 昔みたいに何時間でも没頭してしまえる精神力も(体力も)ない。
 たまに脳内物質の影響でそれ以上、没入してしまえる事があるが、後々響く。

 限度のない無尽蔵のヤル気とエネルギーに満ち溢れてた若い頃に比べると回復力が低下してきている。
 というか無茶が効かなくなってくる。
 無理すれば指なり肩なり腰なり故障してしまう。
 メンタルもそう。
 気持ちが折れると、鬱状態に陥り、中々ヤル気(とやれる自信)を取り戻すのに時間がかかる。
 
 例えば幼児。転んでもケガしない。いくらでも転んだり尻もちついたりして、歩けるようになる。
 小学生。 転んでもスリ傷作ってもツバつけときゃ治る。
 20代くらい迄なら、ちゃんと処置しとけば跡形なく直る。
 しかし、30代になると、血が止まりケガは塞がっても、跡が残る。
 40代にもなると。もう、打撲とか捻挫とか脱臼とかギックリ腰とか骨折とか、中々治らなくなるし、その分苦痛が続き、仕事に支障を来したり、収入に影響が出る恐れがある。それか恐ろしくて、絶対に転べない。絶対に転ばないように、慎重に、注意深く、無理なく、動く。
 恐らく、この先、50代.60代.70代となるに従い、注意力が低下して、うっかりカラダを壊したり心を壊したりする可能性は増大していく事だろう。
 むしろ。それが当たり前なのだ、と考えている。
 若い頃、子供の頃は、心身をうまく使えるようになるまでの準備期間とか猶予期間。のようなもの。

 


 自分の限界を把握しよう。
 コンスタントに出来る限界。
 全力疾走、一点集中が出来る限界。 ダラダラ、集中しないで惰性で出来る限界。
 これから先、どんどんシビアになってくる。
 連日徹夜で頑張る、とか、もはや血圧的に無理。 脳卒中とか心筋梗塞とかで、ホントに死んでしまう。

 物理的な技術、能力を、向上させる事が出来る(鍛えたら鍛えた分だけ力をつける事が出来る)のは、あと何年くらいだろうか。
 10年? 20年? わからないが、一つだけ言えるのは、流れるプールの流れの向きに逆らって泳いで前進するが如き基礎トレの、流れがだんだん厳しくなってきている事。
 10年前、20年前と、同程度の事をやっていたら、前進する(力がつく)どころか停滞、酷い場合はむしろ後退(劣化)してしまう、という事。 泳いだ、疲れた、という主観的な感覚(及び昔の経験)で捉えたら、気づけばチットモ変わらなかったり、だいぶ後ろに流されたりしてしまう。

 「楽にやる」と、「楽をする」とでは、雲泥の差がある。
 若い頃からずっとやってきているから、その分、蓄積とか経験則とか予測とか出来るので、若い頃に比べてずっと上手くやれてる、ように、錯覚してしまう。
 若い頃はジタバタしながらも、泳いで、前進しようとしていたし、出来た。
 今あの頃のペースで泳ぐ事など容易い。もっと無駄なく、効率的に、楽に出来る。
 しかし。流れるプールの流れは、あの頃とは比べ物にならないくらいキツい。気を抜いたら、すぐにずっと後ろに流されてしまう。




 いや、最近は単なる流れるプールというだけではなくて角度ついた滝になってきてる気がする。
 もしかしたら流れるプールではなく、川だったのかも知れない。
 入り口の河口付近の下流ならば、流れはキツくない。 潮の次第では、追い風ならぬ追い波というか、どんどん遡れたりもする。
 それが中流、上流となっていくに従って、急流になったり、滝になったりする。 どこまで遡上出来るのか。

 まだまだ、前に進める。 滝を登ったり、ジャンプしたりする事が出来る。 昔より無駄にジタバタして、傷を負ったり、その分、後ろに流されてしまう事はむしろ減った。 前に進めるうちに、進めるだけ、進むぞ。 後方を振り返ったり、余韻に浸って懐かしがって過ごすには、まだまだ早過ぎる。
スポンサーサイト

     

 



TRINITY ファーストアルバム

「Fanatical Stories」 発売中!