所長の独り言... 
とあるジャズベーシストの独白・・・
ついカっとなる
 不合格者が何を言っても合格できないのと同じく、合格者が何を言っても不合格にはなれない。
 出来ない者が何を言っても出来た事にならないのと同じく、出来る者が何を言っても出来ない者にはなれない。
 初心者が何を言っても経験者とはならないのと同じく、経験者が何を言っても初心者にはなれない。

 
 低気圧のせいではないと思うが。
 今日は、レッスンでかなりイラついてしまい、ついつい「地」を晒してしまった。
 多分、罵詈雑言とかモラハラとか、そういう事はしていないと思うが、それよりキツい容赦の無い(逃げ道を与えない)注意の仕方をしてしまった。 

 
 出来ない人の出来ないのは仕方ないし。出来ないのに出来たふりをしようとするなら、まだ可愛げがある。
 しかし、たまに、もはや初心者ではない、ある程度の年数取り組んで来た人が、こなす事が出来るだけのスキルや知識がある癖に出来ないフリをしようとする、弱者ぶろうとする、アレは何なんだろう?
 とりあえず、他の見ず知らずの人を相手にするならともかく。
 何年もつきあいのある、しかも自分に教えている相手に、そんな事が隠し通せるほど、こっちの目を節穴と思ってるのだろうか?
 ・・・まぁ、確かに他の事において、かなり節穴な事は認めるが。
 さすがに仕事に関しては、しっかりやる。 
 出来る癖に出来ないフリをしてるのを、弾ける弾けないよりも大きい問題をみすみす見逃すほど、ボンヤリしちゃいない。
 実際、今日も、一言だけ指摘しただけで、無言で黙って見てたら、終わり間際になって、出来てたし。
 ほら。 別に、何も教える迄もないじゃん。自分で解決出来るんじゃん。
 出来る事、知ってる事、分かる事を、わざわざ人に言われようとする、、、という心理が僕にはサッパリ分からない。
 まるで、店に入って、自分で調べようともせずに店員に品物の場所を聞こうとする、或いは持って来させようとする人みたいだ。




 ちなみに。
 僕は、指導における体罰とか、罵倒とか、全く認めていない。
 そんなものが溢れてる、飛び交う、体育会系なノリをさんざん味わって来た上で、そう思う。
 しごかれた?
 出来なくてぶん殴られた?
 出来なくて叱られまくった?
 何百回もやらされた?
 自慢になるか、そんなもん。
 一回(言われただけ)で直す方がずっと偉いし、言われるまでもなくやってるヤツの方がさらに偉い。
 しかし。何故だか、体育会系なノリでは、出来の悪いヤツが、出来ないから叱られただけの事を、「そんなキツい中で耐えて来た自分、カッケー」的に自慢げに武勇伝的に語ってしまう。古くさい悪習だ。ナンセンスだ。
 僕は、そういう面倒くさい、非効率的な方法は、好かない。
 また、無闇にピリピリしたムードを出すのも好きじゃない。
 非常に疲れる。
 スマートに、気軽に、最小限でサクサクッと、進めたい。
 のに。
 わざわざ僕を怒らせようとしているように、つまり僕のレッスンの流儀を、目指している事を、全否定されたような気分になる。
 
 自ら自分の体を痛めつけようとする人に、身体的な治療をいくらやっても無意味だ。
 となると、技術的な話を離れて、メンタルなお話にならざるを得ない。
 ・・・あまり、こういう話はしたくないのだけど。。。




 出来るのにやろうとしない。 出来ないフリをする。
 頭隠して尻隠さず、というか。
 「自信がない。失敗はしたくない。勇気が持てない。だから、出来ません。察して下さい」的な無言のアピール。 勝手に辞めてしまう。
 いやいや。既に失敗してますから。
 休符は、正しく、過不足なく演奏して下さい。勝手に休符を演奏しないで下さい。
 休符以外の部分は、音符の部分はしっかり演奏して下さい。分からなければデタラメな音、いっそ開放弦で構いません。
 弾いて下さい。
 デタラメな音を弾く苦痛やそんな自分に嫌気がさせば、少しは目が覚めるでしょう。
 言っておきますが勝手に休符を演奏する、弾くのをやめたり途中で辞めたりする、というのは、それ以下です。デタラメです。 
 自分をごまかしているだけ、単なる錯覚に過ぎません。 問題を可視化しましょう。
 始まったら終わりまでノンストップ。
 それが音楽だ。 ジャズのようなリズム本位の音楽の場合、特に。
 セッションで、「あ、ミスった。ちょっとタンマ。もっかい、そこからやり直し」なんて、あり得ない。
  云々。
 
 ・・・この手の精神論めいた説教。
 体罰でも、モラハラでも、パワハラでもない、注意の仕方は、される方も堪らないだろうが、する方も堪らない。 厭〜な気分になる。
 「今日は、あんまりやる気が出ないみたいですね。 このままやっても意味はなさそうだし。世間話でもします?」てのも柄じゃない。



 
 まぁ。僕自身、もともと、駄目駄目な人間なんで。 ガキの頃から、色んな怒られ方をしてきたので、ある種の怒られ慣れをしてる部分がある。多少の怒られ方では効かない。
そんな僕が、いちばん嫌だな、堪らないな、反論の余地すらないな、と思う、冷静に淡々と急所を抉る、やり方。
 これやられると、それは嫌だから頑張ろうと思うか、全くやる気を無くすかの二択なんだよなぁ。。。
 もう少し、上手いやり方は出来ないもんか。。。
 というか。 そもそも、キレるな。
 すぐカッとなるな。
 もうちょい大人になれ。
 いや、カルシウムをとれ。 

 指導に熱心? ムキになった?
 違うね。単にアタマ来ただけだ。
 気に食わなかったからキレた。それだけだ。
 
 相手(の心)を無慈悲に殴りつけた、オノレの(心の)手が痛い。
 リアルに平手打ちするより、ずっと痛いし、極めて不快だ。
 願わくば、常に平和的かつ友好的にありたいものだ。が。
 ああいう、わざわざ出来ないフリ、弱者アピール、とかの無意味な行為やそれをする人に対して、さっぱり訳が分からない。
 ので、そんな訳の分からない異質への不安や抵抗感や排斥が、自分を攻撃的にさせる、のだろう。
 けど、もう少しは、冷静に、クレバーにならんと。 (反省)

 

     

 



TRINITY ファーストアルバム

「Fanatical Stories」 発売中!